コラム

キャバクラの仕組みを理解すれば落としにくい理由が分かる

更新日:

キャバクラとは具体的にどのような場所か知った上で利用しよう

キャバクラへ初めて行った男性は、綺羅びやかな雰囲気とキャバクラ嬢の盛り具合に圧倒されるはずです。

キャバクラの仕組みを理解すれば落としにくい理由が分かる

限られた時間内で何とか口説き落とそうと頑張っているように見える男性の多くが、単に楽しくお酒を飲むために来ていることに気づくまで多くの費用がかかります。

なぜなら、キャバクラは基本的に風俗店としての営業を行っていて、店内だけでなく店外のメッセージ交換やトークも営業に含まれるからです。

キャバクラは、非日常空間で普段は縁が無い若く着飾った美しい女性と楽しくお酒を飲む場所であって、キャバクラ嬢をお持ち帰り出来る人は余程の常連客かイケメンに限定されてしまいます。

キャバクラとスナックの違いを知ればキャバクラ嬢との出会いは期待が薄いと分かる

キャバクラとスナックは、共に女性店員がお酒の相手をしてくれるという点で変わらないものの、明確な線引きがされています。

具体的には、次のような点で明確な違いがあるからこそ、誤った認識を避けなければなりません。

・キャバクラは客の隣に座って接客を行いスナックはバーテンダーとしてカウンター越しの接客しかしない
・キャバクラは風俗営業法に基づき営業しているので24時で全店閉店する
・スナックは飲食店としての営業のために朝まで営業可能

キャバクラは来店客と楽しくお酒を飲む雰囲気を提供するものであって、お酒の売上を増やして長時間店内に留まるようキャバクラ嬢が話を盛り上げて帰りにくい空気を作ります。

一方、スナックはバーテンダーとしての役割を持つ店員がカウンター越しに話をするだけであって、あくまでもバーテンダーとして必要以上の関わりを持つことはありません。

接客自体が必須ではないからこそ、常連客ほど盛り上がる傾向が強くなります。

キャバクラ嬢が話す内容は、お酒や滞在時間とった具体的な営業目的であって、連絡先交換も同伴営業への誘いを行うための営業トークの範囲内です。

最初からプライベートで相手にするつもりが無いからこそ、キャバクラ嬢はハードルが高いわけです。

キャバクラ嬢は色恋営業をビジネスとして行っている

キャバクラ嬢は、キャバクラ店内での売上成績により得られる報酬額が歩合制で決まっているので、頑張って色恋営業を行った分だけ報酬という形で反映されます。

キャバクラ店内でSNSツールによる連絡先交換に成功したとしても、指名本数が少ない時の営業トーク目的で顧客管理の一環として行っているに過ぎません。

ピンチだからといった理由でキャバクラ店へ来店を促す際に、顧客に対して好意を抱いているかのように思わせるトークを行う傾向が強いです。

なぜなら、キャバクラ店には開店直後似同伴出勤を行う数によりボーナス報酬が得られることが多いので、同伴出勤狙いで連絡先交換やプライベート時間を使ったメッセージ交換を行うからです。

実際に同伴出勤を狙えず大した顧客にならないと判断されると、急激に連絡が疎遠となります。

場合によりSNSツールでメッセージに既読がつかないブロック状態に陥ることが少なくありません。

キャバクラ嬢が営業トークとして男性客に付き合っている状態で、何とか落とそうと男性がいかに考えていたとしても、ビジネストークモードとなっているキャバクラ嬢に好意を抱かせることは困難です。

キャバクラ嬢との出会いはキャバクラ以外の場所なら成立する

キャバクラの店内で出会ったキャバクラ嬢は、男性をあくまでも顧客としてビジネス相手という見方しか出来ません。

しかし、完全にプライベートな状態で知り合った男性とは、キャバクラという店舗が関わらない出会いとしてごく自然に成立してしまいます。

なぜなら、プライベートな状態でどこのキャバクラで勤務しているかといった基本的な情報を知らないまま出会った男性については、ビジネスモードではなくあくまでも1人の男性を相手にしていることになるからです。

職業を聞かれたらキャバクラ勤務と応えるだけであって、多少派手な見た目をしていても職業を聞かれない限りは自分から名乗ることはありません。

ナンパによる出会いならば、余程のイケメンでなければ男性からの誘いを断る術を身につけているキャバクラ嬢に勝てるはずがないわけです。

一方、出会い系サイトやマッチングアプリ経由での出会いは、最初から相手のプロフィールのみを参考にして選ぶので、キャバクラ嬢という職業に偏見を保たずに1人の女性として接するだけで意気投合する可能性があります。

キャバクラと出会いたいなら出会い系サイトを活用しよう

キャバクラ嬢と出会いたいならば、出会い系サイトやマッチングアプリを使って積極的なアプローチを行うことが望ましいです。

なぜなら、キャバクラ嬢であっても店舗を離れれば1人の女性であって、プライベートな時間に素の状態で付き合える男性を探していても不思議ではないからです。

キャバクラ嬢としてのビジネストークが誰にでも合っているとは限らず、中にはストレスを感じてしまっているキャバクラ嬢もいます。

そこで、プライベートな時間はあくまでも1人の見た目がやや派手な女性として紳士的に扱ってくれる男性ならば、心を開いて素の自分を見せても良いと考えてくれるかもしれません。

キャバクラという店内以外の場所で最初に知り合っていれば、1人の男性として見てくれるわけです。

-コラム

Copyright© 風俗よりも即ヤリおすすめ出会い系サイト最新令和2020【ヤリソク】 , 2020 All Rights Reserved.