コラム

デリヘルの無店舗サービスは顧客満足度が高いデリバリーヘルス嬢出会いだった!

投稿日:

デリヘルとは店舗のないファッションヘルスサービス

ファッションヘルスとデリヘル(デリバリーヘルス)は、実際のサービス内容としてはほぼ同じです。

どちらも女性が男性に対し性的なサービスを行いますが、本番行為は禁止されています。

デリヘルの無店舗サービスは顧客満足度が高いデリバリーヘルス嬢出会いだった!

ファッションヘルスが店舗型であるのに対し、デリヘルは派遣型です。

ファッションヘルスでは店舗内でサービスが行われますが、デリヘルは周辺のラブホテルや顧客の自宅などを利用し、出張という形で行われます。

デリヘルという言葉を使う場合は、顧客の自宅にヘルス嬢が訪れる形態を指すイメージがありますが、実際にはホテルを利用したものも多く存在します。

デリヘルは心理的な負担を軽くして利用できるサービス

デリヘルでは、顧客が店舗に行く必要はないため、ハードルの低い利用ができます。

風俗店の店員と顔を合わせることが嫌な場合でも、顧客とヘルス嬢の2者間のやり取りで済むデリヘルは、心理的な負担が軽く済みます。

利用にあたっては、あらかじめネットや電話を利用して予約を行います。

デリヘル店によっては、受付所を設けてそこで予約をする場合もあります。

予約が完了すれば、その時間に合わせて顧客の自宅までヘルス嬢が来てくれるため、外出する必要はありません。

但し、ホテルを利用する場合は、待ち合わせ場所まで行く必要があります。

現在のデリヘルでは、顧客の自宅ではなく、ホテルを利用したサービスも多いです。

自宅に呼ぶ場合は浴室があることが条件であり、それがない場合はホテルを利用する必要があります。

デリヘルは店舗がないため、一般的なファッションヘルスに比べてリーズナブルな価格設定になっていると思われがちです。

しかし、サービス料金に加えて、ヘルス嬢の出張料金(交通費)が必要なことがあります。

ホテルを利用する場合は、別にホテル代がかかるため、店舗型のファッションヘルスを利用するよりも総額で費用が高くなるケースが多いです。

自宅とホテルを利用する場合のメリットとデメリット

デリヘル利用にあたって、自宅を利用するか、ホテルを利用するかは、それぞれでメリットとデメリットがあります。

自宅利用の場合は、顧客にとって慣れた場所でサービスが受けられるため、リラックスできるメリットがあります。

ホテル代も必要なく、恋人と自宅で逢うような気軽な感覚を味わうこともできます。

自宅利用で手間のかかる点としては、ヘルス嬢を迎えるにあたり、マナーとして部屋の片付けをしっかり行う必要があることです。

浴室やベッドの掃除はもちろんのこと、できれば部屋全体を綺麗にしておくことで、ヘルス嬢にとっても気持ちよくサービスを行うことができます。

逆に言えば、汚れている場所ではヘルス嬢の気持ちも盛り上がらず、サービス面に影響が出る可能性もあります。

自宅の場合と比較して、ホテル利用のメリットとしては、清潔感の行き届いた場所でサービスが受けられる点です。

もちろん自分で部屋を片付ける必要もなく、すでに整った清潔な場所を利用できるため便利です。

また、そもそも自宅に同居人がいれば、自宅を利用したデリヘルサービスは利用しにくくなります。

一人暮らしであっても、自宅に女性が訪れることによる、近隣の目が気になる場合もあります。

ホテルを利用すれば、こういった懸念はなくなります。

基本のサービス料金以外にも必要な費用を把握しておく

デリヘルを利用する場合に、事前に意識しておきたい点は総額でかかる費用です。

基本のサービス料金に加えて、ヘルス嬢の交通費、ホテル代、指名料、オプション料金など、店舗によって料金体系が異なります。

ホテルまで公共機関を使って行く場合は、自分自身としても必要な交通費があります。

額面のサービス料金だけではなく、全体としてどの程度の費用が必要かを確かめておくことが大切です。

ソープランドと比べれば費用負担は少ないとはいえ、一般的な遊興費を考えた場合に、デリヘルの利用は高い料金がかかります。

ホテルに関しては、ラブホテルを利用すれば、ホテル代の面でも節約ができます。

一般的なビジネスホテルのような場所では、デリヘルを呼ぶ行為を禁止している場合もあります。

また、デリヘル店によっては、時期や時間帯による割引サービスを用意しているケースもあるため、利用にあたって調べておくといいでしょう。

料金面は、店に対する不満につながりやすい部分になります。

余計なトラブルにならないためにも、事前にしっかり確認し、納得しておくことが大切です。

デリヘルでの出会いはヘルス嬢の立場への配慮が大切

女性との出会いを求めて、デリヘルを利用する男性もいます。

あるいは、デリヘルを利用して好みの女性に出会うケースもあるでしょう。

但し、相手の女性はあくまで仕事として行っているため、そこに私情を持ち込まれると迷惑を感じることが多いです。

しつこく連絡先を聞き出すようなことをすれば、今後そのデリヘルの利用禁止になる可能性もあります。

男性側にとっても、好きになった女性に会うために何度もデリヘルを利用していれば、それだけ経済的負担が大きくなります。

デリヘルは疑似恋愛の場として楽しむのがマナーであり、相手の女性もそこに安心感を覚えます。

もちろん、自然な形で恋愛関係に発展する場合は、男女の普通の出会いと考えられます。

最初から出会いの場としてではなく、流れの中で結果的に出会いにつながったというのであれば、もちろん問題はないでしょう。

あくまで相手の女性の立場をよく考え、決して迷惑になるようなことをしないことが大切です。

-コラム

Copyright© 風俗よりも即ヤリおすすめ出会い系サイト最新令和2021【ヤリソク】 , 2021 All Rights Reserved.